サボリーマンのゲーム日記

サボリーマンのんげが、ゲームのプレイ日記をひっそりと綴ります。

タクティクスオウガ運命の輪 プレイ日記#1

いきなりなんですが、「タクティクスオウガ 運命の輪」を始めたのでプレイ日記です。このイントロは後日何とかしたい。

ルール

・リセットなし。(主要キャラが死んでもすすめる)

・チャリオット(戦闘を好きなところまで巻き戻せる)を使用しない

・攻略本、サイトを見ない

 

第一章 僕にその手を汚せというのか

f:id:nge0068:20191026142441p:plain

f:id:nge0068:20191026142503p:plain

幼なじみのヴァイス君が、秘密基地に駆け込んできました。

ランスロットがあらわれた!ってね。

 

ランスロットってのは、一年前に主人公デニムたちの町「ゴリアテ」を襲撃し焼き払い、住民を虐殺した騎士団「ロスローリアン」の団長。

つまり、デニム、姉のカチュア、ヴァイスにとっては最大の敵です。なぜ町が襲撃されたかは物語が進むについて明らかになる

f:id:nge0068:20191026142808p:plain

姉のカチュアは、ランスロットに対して敵討ちをするのに反対。

 

しかし血気盛んなヴァイスとデニムは、挟み撃ちでランスロットを攻撃することに。

突撃したヴァイスの一撃は、あっさり受け流されます。

f:id:nge0068:20191026142914p:plain

f:id:nge0068:20191026143032p:plain

しかし、ここでこのランスロットは同名の別人という事が判明!

ヴァイスの早とちりでした。

ランスロット一味は、別の大陸の母国に騎士として仕えていたが、母国をを追い出され流浪してこの島(ヴァレリア島)に来たと説明します。

傭兵の仕事を探しているそうで・・・

 

デニムたちは、ヴァレリア等の覇権争い紛争に巻き込まれています。

デニムたちウォルスタ人の指導者ロンウェー公爵が敵対するガルガスタン人に捕らえられ、間もなく処刑されるという噂を耳にし何とか助け出したいと考えているとランスロット一味に話します。

ランスロットたちは、ロンウェー公爵を助ける手助けをして傭兵として雇ってもらおうとデニムたちに手を貸してくれることになりました。

 

アルモリカ城 

アルモリカ城はもともとはロンウェー公爵の居城。

ガルガスタン人に占拠されています。突撃じゃ!

まずは城門前。

f:id:nge0068:20191105114604p:plain

f:id:nge0068:20191026144450p:plain

ロンウェー公爵の処刑は、ウォルスタ人をおびき出すためのデマだったみたい。

f:id:nge0068:20191105120704p:plain

・・・そのようで。

このステージは、ほぼチュートリアルで、ランスロット一味が説明しながら敵を倒してくれます。

 

アルモリカ城 城内

f:id:nge0068:20191105114807p:plain

f:id:nge0068:20191105114841p:plain

ボスは騎士アガレス。


アガレスは、多民族のランスロット一味は何故ウォルスタ人に加勢するのか?と問いかけます。

ランスロット「自分の意志で加勢している」

カノープス「傭兵の仕事探してるんだ。金出してくれるならそっちを加勢するけど?」

騎士アガレス「他民族の力なんぞ要らん」

カノープス「なら死ね」

という会話があります。ガルガスタン人は誇り高いのだ!

f:id:nge0068:20191105115208p:plain

豚呼ばわりすんな!!

ロンウェー公爵救出

f:id:nge0068:20191105115242p:plain

ウォルスタ人の指導者、ロンウェー公爵を無事救出!

ロンウェーは他国から来たランスロット一味を

「キミたちもロスローリアンみたいに。この国を乗っ取ろうとしとるんじゃないの?」と疑います。

ランスロット「母国を追放された騎士なんです。仕える主をさがしてるんス」

という返事を聞き

ロンウェー公爵「んじゃ、ウチの城の警備と練兵頼むわ」

ランスロット「御意」

ランスロット達は、無事就職できたようです。よかったね。

 

デニムたちは、ロンウェー公爵からべた褒めされました。

ロンウェー「うむ。でかした!お前たちを騎士として迎え入れよう!」

ヴァイス「騎士!!うっひょう!!」

デニム「公爵が無事だとしって、同胞が集まてます」

ロンウェー「よし、50000ゴートやる!早速だけどクリザローの町に行って騎士レオナールの援護してくれ」

 

というわけで、クリザローに行くことに。

 

騎士ラヴィニス

公爵と面談後、ランスロットたちからお礼を言われるデニム。

ランスロットに「死ぬんじゃねーぞ!」と激励されます。

そしてラヴィニス登場

f:id:nge0068:20191105115949p:plain

ラヴィニスは君たちに期待してるから頑張れ。とアドバイスを残して去っていきました。

 

f:id:nge0068:20191105120133p:plain

デニム。ラヴィニスに惚れるの巻。

 

f:id:nge0068:20191105120202p:plain

軽く受け流される。

 

f:id:nge0068:20191105120220p:plain

カチュアのラヴィニスに対する印象・・・

 

f:id:nge0068:20191105120308p:plain

ドン引きのヴァイスとデニム・・・w

 

タインマウスの丘

f:id:nge0068:20191105120804p:plain

特に準備せずにクリザローに向かいます。

公爵からもらった兵隊はなぜか全員女性でした。(ランダム)

f:id:nge0068:20191105120408p:plain

f:id:nge0068:20191105120522p:plain

タインマウスの丘では、カノープス

「お前たちだけでは不安だ」と助けに来てくれます。

f:id:nge0068:20191105120630p:plain

ヴァイスと軽く喧嘩を始めますが、ほおっておきましょう。

f:id:nge0068:20191105120828p:plain

難なくクリア。

 

クリザローの町

雨の中、クリザローの到着。

プレザンス神父がアンデットに囲まれてます。

f:id:nge0068:20191105121538p:plain

f:id:nge0068:20191105121736p:plain

除霊魔法イクソシズムを放ちますが・・・

f:id:nge0068:20191105121756p:plain

f:id:nge0068:20191105121853p:plain

f:id:nge0068:20191105121911p:plain

忘れんなw

f:id:nge0068:20191105122017p:plain

プレザンスの寸劇を見せられたところで、解放軍(主人公たち)到着。

f:id:nge0068:20191105122055p:plain

ボスはモルドバさんです。

f:id:nge0068:20191105122817p:plain

アンデットの敵はHP0にしてからイクソシズムで除霊しないと倒せません。

3ターン以内に除霊しないと復活する迷惑仕様なのです。

プレザンスはNPCなので、思うように動かず(除霊優先動いてほしいけど、回復とかする)アンデットに多少苦戦しますが・・・

f:id:nge0068:20191105122744p:plain

f:id:nge0068:20191105122707p:plain

アルモリカ城の騎士アガレスも「二バス様が」と言っていましたな。

どうやら「二バス」ってのがガルガスタン軍の指揮官らしいです。

騎士レオナール

f:id:nge0068:20191105123601p:plain

 

f:id:nge0068:20191105123632p:plain

f:id:nge0068:20191105123647p:plain

話は「二バス」に及びます。

どうやらこの先の二バスは「クァトリガ砦」に潜んでいる様子。

プレザンスは「戦力もだいぶ失ったし、ここはいったん引き返そう」

レオナールは「このまま帰ったら公爵に合わす顔がない。デニムたちが加勢に来てくれたし、二バス討伐にいくぞ!」

と意見が分かれます。

レオナールとプレザンスに「俺たちは一度死んだ身、ここはデニムに決めてもらおう」二人は、デニムに判断を任せることにしました。

 

まー、どっちでもいいんですけどね。

 

プレザンス神父と、レオナールの部隊の「サラ」「ヴォルテール」が仲間になります。

サラとヴォルテールはモブキャラだけど強い。

f:id:nge0068:20191106104255p:plain

f:id:nge0068:20191106104310p:plain

f:id:nge0068:20191106104336p:plain

二バス討伐へ!

練兵もかねて、二バスを追いかけることにしました。

f:id:nge0068:20191106104134p:plain

二バスは、アルモリカ城を攻めたのは自分にとってただのビジネスでこの島の覇権はどうでもいい。屍術の研究が忙しいから見逃してくれと言い出しますが・・・

f:id:nge0068:20191106104738p:plain

f:id:nge0068:20191106104753p:plain

デニム「命は助けるが捕虜としてそれなりの扱いをさせてもらうぜ」

f:id:nge0068:20191106104858p:plain

f:id:nge0068:20191106104948p:plain

というわけで戦うことになりました。

まあそのつもりで来たけどな!

f:id:nge0068:20191106105029p:plain

f:id:nge0068:20191106105055p:plain

大事なことをわすれてた!

このステージは二バス以外は、二バスが召喚するアンデット。イクソシズムを使えるプレザンスが必要なんだけど・・・

ジジイはいらねってことで、モブのクレリック(ジンジャーさん)を戦闘ユニットに組み込んでました!やべー!(ジンジャーはイクソシズム覚えていない)

しかもレベルが敵のほうが高い!

f:id:nge0068:20191106105327p:plain

高低差を無視して移動できるカノープスを砦の上部に移動させ、弓矢で二バスを狙います。砦の下ではアンデッドたちにウチのユニットが虐殺されとる。

f:id:nge0068:20191106105529p:plain

f:id:nge0068:20191106105547p:plain

あなたがこの戦乱を生き抜くことができたら、またどこかで会うでしょう。

その時はもっとましな研究成果をおみせしますよ。

と言って二バスはカラスに化けて去っていきました。

 

カラスになって飛べる魔法すげぇな!!

 

つづく